便秘と女の子ホルモン

便秘で考え込むみなさんの約9割は夫人と望まれている事から判るように、便秘は夫人の大敵のが普通です。
も、なぜ便秘が女の方にたくさんあるのかを説明すると、その件に関しては夫人ホルモンが起因となるお陰です。

 

夫人ホルモンは卵巣から分泌されていらっしゃるホルモンで、エストロゲンと思っている卵胞ホルモンといった、プロゲステロンと思っている黄体ホルモンの2型式を拭いされません。

 

卵胞ホルモン(エストロゲン)は夫人らしさをめざした夫人ホルモンです。
思春期から分泌量が当然でなり、夫人らしいスタイルを編み出していきます。
受胎に対抗しようと子宮の内膜を厚く行なったり、受精卵の着床を手つだいたりしているのです。
また卵を見つけるホルモンという部分もあります。

 

黄体ホルモン(プロゲステロン)は受胎をめざした夫人ホルモンです。
受精卵が着床するのが簡単なものですから子宮拍子膜の時点を整え、受胎させた上で、受胎を固守する使途を保有しています。

 

便秘と直面するという点は、この黄体ホルモン(プロゲステロン)の人間です。
黄体ホルモンの分泌によって、身体の内側への湿気や塩気の会得は快活に変容します。
その点から、大腸の腸バリアから見ても盛んに便の湿気が会得が実施されて、便が落ち着かなくなってしまい排便することが困難な便ですがしまうこともあるそうです。
黄体ホルモンの分泌が勢いづいている生理の前に便秘ポイントはそういった事情からという部分もあります。

 

こういった風に夫人ホルモンの兼ね合いから来る便秘は病気ではないと言えます。
両方共女の方には請求されるホルモンです。
間違いがない知能の時点で、便秘発散をめざした薬なんてものはつけず、作用やマッサージ、食餌療法の方法で乗り切りた方が良いでしょう。